読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくし一歩

ゆっくしと気ままに更新していこうと思います。

Yahoo!プレミアムの月額会員費値上げ。それに伴った会員特典変更の内容と解約すべきかどうかについて。

ニュース

f:id:haran0810:20160116235633j:plain

Money / 59937401@N07

僕はYahoo!プレミアム会員に登録しています。1月11日の日経MJにYahoo!プレミアムの月額会員費が従来の380円(税抜)から462円(税抜)に値上げされる旨の記事がありました。

 

ヤフーは3月1日、有料会員サービス「ヤフー!プレミアム」の月額会員費を現在の税別380円から同462円に値上げする。ネット通販や旅行サイトを対象にした補償内容を拡充するほか、会員限定のポイントキャンペーンなどを実施する。米アマゾン・ドット・コムも動画や音楽の配信など有料会員向けのサービスを拡大しており、特典の充実を進める。
 これまでネット通販「ヤフー!ショッピング」やネットオークション「ヤフオク!」の落札時のみに、商品の破損や盗難などを対象とした補償サービスを適用していた。
 今後は「ヤフオク!」の出品時も対象とするほか、旅行サイト「ヤフー!トラベル」での旅行・イベントのキャンセルについても補償する。
 「ヤフー!ショッピング」や日用品サイト「LOHACO(ロハコ)」での商品購入時に、通常時の5倍の「Tポイント」が得られる会員限定のキャンペーンも開催する。一方で一部会員特典は2月末で終了する。一部の映画やアニメ、グラビア映像、コミックの全巻が見放題のサービスが対象となる。

 

この値上げは税込価格ですと、

 

値上げ前:410円(税込)

値上げ後:498円(税込)

 

となり、およそ90円ほどの値上げとなります。一見すると非常に残念な内容ですが、今回の会員費の変更に伴い、会員にのみ提供されていた特典の内容も変更になるようです。その変更の内容を詳しく見ていきたいと思います。

 

補償内容の拡充

現在、Yahoo!プレミアム会員を対象とした補償として、宅配輸送上での事故を補償するものや、盗難補償等が既にありましたが、新たに補償内容がくわえられるようです。

 

従来の補償内容

意外と知られていないですが、Yahoo!プレミアム会員には従来からかなり手厚い内容の補償がついています。その名も「お買いものあんしん補償」。4つの補償内容があります。

 

宅配郵送事故補償金

日本国内から発送された商品が運送中に破損した場合、落札金額または修理費用の80%の補償金がもらえます。利用限度は毎年度3回までで1回につき3万円までとなっています。

 

破損補償金

商品到着後120日以内に、偶然の事故で破損した場合、購入金額・落札金額または修理費用の80%の補償金がもらえます。ただし新品は全商品が対象になるが、中古品はファッション、ゲーム専用機、CD/DVD、自転車や関連パーツのカテゴリーに限られます。利用限度は毎年度1回のみで10万円までの補償。ただし中古品は年度内1万円までとなります。ただし、自転車完成車、自転車関連パーツは新品・中古問わず年度内10万円までの補償となるようです。

 

盗難補償金

届いて120日以内に、自宅で盗まれた場合に購入・落札金額の50%の補償金がもらえます。利用限度は毎年度1回まで、1回5万円までです。

 

修理補償金(家電修理)

・ヤフオク!で落札した商品の場合

メーカー保証開始日から3年以内もしくはもしくは商品到着後1年以内に故障し、メーカーにより有償で修理した場合、メーカー保証書がある場合は修理費用の100%の補償金がもらえます。もし、保証書がない場合は修理費用の50%の補償金がもらえます。対象家電は家庭用として使用されている電化製品。ただし、商品到着時にすでに故障していたものや商品到着後30日以内の故障の場合は補償の対象外となっています。

・Yahoo!ショッピングで購入した商品の場合

新品であれば、メーカー保証開始日または購入日から3年以内に故障し、メーカーにより有償で修理した場合、中古品であれば、メーカー保証開始日から3年以内もしくは商品到着後1年以内に故障し、メーカーにより有償で修理した場合、メーカー保証書がある場合は修理費用の100%の補償金がもらえます。もし、保証書がない場合は修理費用の50の補償金がもらえます。対象家電は家庭用として使用されている電化製品。ただし、商品到着時にすでに故障していたものや商品到着後30日以内の故障の場合は補償の対象外となります。

 

利用限度はヤフオク!Yahoo!ショッピングとも毎年度3回まで、または年度合計4万5千円までです。その内訳ですが、メーカー保証書がある場合は毎年度3万円まで、メーカー保証書がない場合は毎年度1万5千円までとなっています。

 

新たに加えられる補償内容

今回新たに7つの補償内容が追加されます。どれも従来には補償されなかった内容です。

 

返品補償

Yahoo!ショッピングやヤフオク!で購入した商品を返品できなかった場合でも購入金額の50%の補償金がもらえます。例えば、20000万で商品を購入したが、デザインが気に入らないため返品したくなったとしましょう。その場合自己都合のため返品を受け付けてもらえないケースがありますが、プレミアム会員なら申請すれば、10000万円が返ってきます。ただし、利用できるのは年間1回のみで最大1万円までですので、4万円の商品を返品しようとして補償金を受け取りたい場合でも1万円しか返ってきません。また1回利用するとその年はもう利用できません。注意が必要ですね。

 

旅行・イベントキャンセル補償

Yahoo!トラベルで旅行を予約していたが、病気などの理由で当日キャンセルした場合、キャンセル料を補償してくれます。これは年間5万円までの補償金が出ます。

 

その他の特典

詳細な内容は公表されていないようですが、

  • 出品補償
  • 電子デバイス災害補償
  • 個人情報漏洩過失責任補償
  • ネット売買トラブルお見舞い
  • 交通トラブルお見舞い

上記の補償が追加されるようです。

 

補償内容がかなり充実するようです。Yahoo!ショッピングやヤフオク!をよく利用する方には非常にありがたい補償内容です。またYahoo!トラベルまでにも補償範囲が広がったことで、会員であることの価値がより一層大きくなりました。補償特典があるだけでも、会員になる価値はあります。

 

会員限定のポイント5倍キャンペーンの開催

これは現在もすでに会員向けに常に実施しているキャンペーンです。当初は期間限定で終了予定のキャンペーンでしたが、好評のためその後も継続して行われています。

 

このキャンペーンがあるおかげで、Yahoo!ショッピングやLOHACOをよく利用する人は、月額会員費以上のポイントバックが得られる場合があります。いくら以上の買い物をすれば会費分のもとが取れるかというと、

 

値上げ前であれば、10250円/月(12万3千円/年)

値上げ後は、12450円/月(14万9400円/年)

 

です。値上げ後は会員費のもとを取るためのハードルはやや上がってしまいましたが、この額以上の買い物をする人であれば、絶対に入った方がお得ということです。Yahoo!ショッピングでは、その他にもお得なキャンペーンがいくつもあり、それらを組み合わせることで獲得ポイントを最大17倍まだ増やすことができます。僕はこれでiPad mini 4を買って、約8000円分お得にすることができました。

 

yukkushi-ippo.hatenablog.jp

 

プレミアム会員限定のポイント5倍キャンペーンが今後も続いてくれるのであれば会員費は払う価値があると思います。僕も今年もいくつか大きな買い物をする予定があるのであり難いです。

 

終了する特典もある

新たな補償やポイント5倍等の特典が充実する一方、終了する特典もあります。終了する特典は以下の通り。

 

  1. 「Gyao!ストア」の一部映画が見放題の「プレミアムシネマ」
  2. 「Gyao!ストア」の一部アニメやグラビアが見放題の「タダ見放題」
  3. 「Yahoo!ブックスストア」の一部コミック全館が見放題の「全巻イッキ読み」

終了日は2/29となっています。プレミアムシネマはたまに見てたので残念。1ヶ月ごとに見放題の映画が変わるんですが、結構面白い作品が毎回出てましたよ。僕は「鈴木先生」の映画をこれで見てはまってしまい。そのままドラマも全話見てしまいました。今はシルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガーが共演して話題となった映画「大脱出」が見放題になっています。

 

もうすぐ終了ですので、今のうちに見ときましょうね。

 

特典の変更内容は以上です。

 

解約すべきかどうかについて

今回の値上げはたかだか90円ほどの値上げです。年間で見ても1080円ほどです。補償内容の充実やポイント5倍キャンペーンの継続を天秤にかければ、十分値上げも納得のいく内容だと思います。僕は会員であることの価値の方が会員費よりもまだ高いと考えていますので、今後も会員であり続けようと考えています。

 

ただ、今後特典内容が悪化したりして、費用が見合わないとなった場合は解約するかもしれませんので、今後のサービス内容の動向に注目していこうと思います。

 

以上、Yahoo!プレミアムの月額会員費値上げについて、それに伴った会員特典変更の内容と解約すべきかどうかについての記事でした。

 

ではでは。