ゆっくし一歩

読んでくださる全ての方に!これからの人生に役に立つ情報が!あったり!なかったり!

個人的に『オランジーナ フレンチスパークリング』にミントは入れて欲しくなかった件

f:id:haran0810:20180128143921p:plain

ORANGINA|オランジーナ

 どうも、オランジーナのCMの中では「おそろ」編が好きです。

 

今回、オランジーナから炭酸水として2017年6月から発売されている「オランジーナ フレンチスパークリング」を飲んでみました。

f:id:haran0810:20180116215108j:plain

オランジーナ公式HP:

オランジーナ

 

オランジーナはもともとフランス発祥のブランドで、サントリーによって2009年に買収されました。フランスでは、コカ・コーラよりも人気がある国民的な清涼飲料水だそうです。 

 

オランジーナ フレンチスパークリングの特徴

 炭酸水として販売されていますが、オレンジとレモン果汁を3%ブレンドされています。多めです。

 

企業HPより

炭酸水でありながら、オレンジとレモン果汁を3%ブレンド。オランジーナで培った、ピールエキスによるほろ苦さや搾りたての柑橘のようなフレッシュな香りを実現しました。
仕事の合間などのリフレッシュに適した味わいを追求し、開栓した瞬間にはじける「本格的な柑橘の香り立ち」に加え、果汁の味わいと炭酸の絶妙なバランスで「すっきりした後味」を実現しました。

デザインも黒いキャップが大人な感じ。

f:id:haran0810:20180116215254j:plain

 

バーコードにも遊び心が

f:id:haran0810:20180116215226j:plain

 

飲んでみた感想

 オランジーナならではの、オレンジの甘味だけでなくほろ苦さも感じられるオレンジの風味の良さがグッド!しっかりとオレンジの風味が感じられるのに、カロリーは一般的な炭酸飲料の半分程度なので、味のない炭酸水が物足りない人でもおすすめできます。

 

逆に、純粋に炭酸水を求めている人には、原材料に糖類(果糖ブドウ糖液糖と砂糖)が入っているので、「思ったものと違う!」となるかもしれません。ご注意を!炭酸水と炭酸飲料の間を部分を狙ってきているような商品です。

 

個人的に残念なのは、オレンジと一緒に感じられるミントの風味です。ミントは嫌いではないのですが、オレンジと二人っきりの時間を楽しみたかったのに、ミントが常に間に入ってくる感じです。そこは好き嫌いが分かれそうです。私的には入れてほしくなかったかな。

 

ミント以外は、大人なすっきりとしたオランジーナといった感じがして、甘ったるさがなくお風呂上り等のさっぱりとしたものが良いときにおすすめです。

 

ご興味のある方は一度お試しください。

 

ではでは。

 

原材料・アレルゲン・栄養成分等

原材料 水、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、果汁(オレンジ、レモン)、食塩、オレンジピールエキス、ミントエキス、炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
アレルゲン オレンジ
栄養成分表示
100ml当り
エネルギー 20kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 5g
食塩相当量 0.1g
メーカー希望小売価格(税抜) 124円