ゆっくし一歩

ゆっくしと気ままに更新していこうと思います。

簡単に読めて人生の役に立つ!コスパ最強のおすすめ本22選

Child Reading

どうも。本好きで今までいろんな本を読んできましたが、本を「コスパ」という側面で見ると、本の値段自体はそこまで大きく差があるものではありませんので、コスパの良い本の条件というのは以下の2つじゃないかと思います。

 

  1. 簡単に読める(簡単に理解できる):インプット面
  2. 簡単に実行できて効果がある:アウトプット面

 

つまり、インプットしやすく、簡単にアウトプットできて効果が得られる本が最もコスパが良いことになり、逆に読むのが難解で何の役にも立たないor実行不可能なことを書いてある本はコスパ最悪。

 

今回は、私がこれまで読んできた本の中でコスパ最強の本を厳選してみました。

 

 

生き方に関するおすすめの本

男の品格 / 川北義則

 

男が人生を遊ぶことについて書かれています。

 

私はこの本を読んだことがきっかけで、大学生時代ににベトナムへ一人旅をしてきました。

 

どんな困難な境遇になってもへこむのではなく、面白がれることが難関を乗り切り、明るい未来を築くための基本条件という言葉が今も私の支えになってくれます。

 

かっこいい男のバイブルのような一冊。

 

一歩を超える勇気 / 栗城史多

 

登山家 栗城史多さんの処女作です。

 

私は、ここぞという時に心の中で「ありがとう」とつぶやくようにしています。それは、この本の影響なのですが、不思議とその後の結果がうまくいくことが多いので、今ではゲン担ぎのようなものになっています。

 

一歩が出ないほどつらい時、「ありがとう」と口にすることによって一歩が出る。逆に、山に対して「ちくしょう」とか「負けないぞ」というような気持ちを持ってしまうと、力は出ない。山と対峙してはいけないのである。苦しみも不安も全ては自然の一部であり、僕らはその自然の中の一部である。苦しみを受け入れ、そして感謝する。「ありがとう」は、困難な時代を乗り越えられる力のある言葉かもしれない。

 

「ありがとう」と言うだけって簡単で誰にでもできるのでおすすめです。

 

凍傷でほとんどの指を失って、それでもエベレストへ無酸素登頂に挑む登山家の勇気の出る一冊です。

 

千円札は拾うな。 / 安田佳生

 

10年以上も前のベストセラーでやや古いのですが、すごく簡単に読める本なのに、今でも通じる内容が詰まっています。私の考え方を180℃変えてくれた本です。

 

いまや人と同じことを人より長い時間やることを「努力」とは言わない。サボらずにまじめに勤めることが「勤勉」ではないのだ。今は人と違う結果を出すためにはどうすればいいのかについて、新しいやり方を考え、実行することが「勤勉」であり、もっとも短い時間で成果を出すための工夫をすることが「努力」である。

 

働き方改革の前にまずは考え方改革をすることをおすすめします。

 

仕事は楽しいかね? / デイル・ドーテン

  • 試してみることに失敗はない
  • 明日は今日と違う自分になる
  • 遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る

 

この本のメッセージはすごくシンプル。毎日より良くなるために新しいことを試してみる。

 

それだけなのに、「今日はどんな新しいことをやろうかな」と毎日考え始めると人生がワクワクして面白くなります。

 

夢をかなえるゾウ / 水野敬也

 

関西弁を話すゾウの姿をした「ガネーシャ」が成功するための具体的な行動を示してくれるお話。

 

  •  靴をみがく
  • コンビニでお釣りを募金する
  • 食事を腹八分におさえる

 

等、具体的でかつ簡単にできる行動がリスト化されているので、簡単に今までの行動を変えることができます。

 

さらに、なぜその行動をすると成功するのかも、ちゃんとガネーシャがユーモアたっぷりに教えてくれ、エンターテイメントとしても楽しめる小説本です。

 

普通に小説としても面白いので、あっという間に読めてしまいます。

 

 

生産性アップに関するおすすめの本

仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術 / 岡田充弘

 

 Windowsのパソコンを使用している方は必読の書です。パソコン操作を最速にするための方法がいくつも書かれていて、目から鱗がポロリポロリの方法ばかりでした。

 

作業の時間短縮が簡単にできるため、お値段分以上の価値があることは間違いないです。

 

私は職場にて勉強会を開催して、この本に書かれている内容を同じグループメンバーに共有しており、全員のスピードの底上げにもつながり、かなり恩恵をいただいた本です。

 

大切なことだけやりなさい / ブライアン・トレーシー

 

本書では何事にもフォーカルポイント(焦点)つまりは最も重要なポイントを見極め、そこに集中することが、現代において成功と幸福の実現のために最も大切であると書かれています。

 

そのフォーカルポイントの見極め方、そこに集中して取り組むための方法が書かれています。

 

類似の本として「エッセンシャル思考」もありますが、こちらの方が平易でわかりやすい文章で書かれていて、理解しやすいのでコスパ高め。

 

 

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング / 赤羽雄二

 

私は頭がモヤモヤした時には、この本に書かれている方法で、頭の中のものを紙の上にすべて吐き出す(書き出す)ことで、考えていることを見える化し整理しています。

 

それにより考え込む時間を激減させることができ、判断スピードを格段に上げることができました。

 

そうした取り組みや多くの人との関わりの中で幸運にも編み出すことのできた、考えを深め、心を整理する効果的な方法がある。小学生でも大学生でも社会人でも、男性でも女性でも、学歴があってもなくても関係ない。国籍も関係ない。誰にでも驚くほどの効果がある。 それは、頭に浮かぶことを次々とメモに書くだけだ。ただ、ノートやパソコン上ではなく、A4の紙に1件1ページで書く。ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。心のコントロールの達人にもなり、ストレスや不安、恐怖が軽減される。前向きに明るく生きることができるようになる。しかも、お金はほとんどかからず、わずか3週間ほどでかなりの効果を体感できるはずだ。

 

必要なのは紙とペンだけ。ぜひ「ゼロ秒思考」を体験してみてください。効果が実感できるはずです。

 

自分を操る超集中力 / DaiGo

 

 DaiGoさんの本はどれも、

 

  • 分かりやすい言葉で書かれている
  • エビデンスに基づく内容が書かれているので効果が得られやすい

 

以上の特徴があり、コスパ最強本の代表格です。その中でもおススメなのがこの本。

 

集中力を劇的にアップしてくれる食事、睡眠、場所、運動、時間などについて、即効性の高いtipsをいくつも紹介してくれています。

 

レバレッジ・リーディング / 本田直之

 ここで紹介する本の中で、一番最初に読んでほしい本がこれ。

 

私の読書術のベースになっているの本で、本の選び方から本の内容を実践に活かす方法まで、自己投資としての読書について投資効果の最大化すためのノウハウが詰まっています。

 

月額980円でKindle Unlimitedに登録すれば、この本は無料で読むことができるのでそっちがお得です。初月無料なのでどうぞお試しあれ。

Kindle Unlimited対象の本は、こちらから確認することができます

 

 

心身のコンディション維持に関するおすすめ本

世界のエリートがやっている 最高の休息法 / 久賀谷亮

 

 私はこの本を読んだことがきっかけで日々の生活の中に「瞑想」を取り入れています。

 

瞑想を5分間だけするだけでも、頭がすっきりしてその後の生産性がまるで変わってきます。

 

世界の大企業も取り入れている瞑想の力をこの本を通して体験してみてください。

 

なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか? / 南雲吉則

 

以前は昼食後はどうしても眠くなってしまい、仕事の効率がダダ下がりだったのですが、この本を読んで日々の食事や睡眠を見直した結果、眠くなることが皆無になりました。

 

日々当たり前にしていたことが、その後の生産性を下げているということに気付かせてくれる本です。

 

疲れない脳をつくる生活習慣 / 石川善樹

 

 この本がきっかけで私はパソコン作業環境の改善に取り組みました。それはそれまで作業中にひどい肩こりに悩まされていたからです。

 

健康日本21推進フォーラムという団体は、2013年に「疾患・症状が仕事の生産性等に与える影響に関する調査」を実施しました。この調査では、健康なときの自分の仕事のパフォーマンスを100点満点として、健康状態による不調時の得点を自己評価してもらっています。  集計をとると、腰痛、首・肩こりがあると生産性は平均でおよそ70点まで下がり、やる気や集中力も65点まで下がることがわかりました。コミュニケーション能力も73点まで下がっています。  やる気、集中力、コミュニケーション能力は、どんな仕事をするうえでも必要です。したがって、腰痛や肩こりは、あらゆる仕事のパフォーマンスを約30%下げてしまう可能性があるのです

 

本書ではその具体的な解決法が書かれていておススメです。もちろん「マッサージ屋さんに行ってコリをほぐしてもらえ」とか一時的な対処方法ではないですよ笑、PC作業環境を変えるだけでよいのです。

 

筋トレが最強のソリューションである / Testosterone(テストステロン)

 

この世のすべての問題は筋トレで解決できると豪語するスゴ本。

 

最も印象的な格言はこれ!

自信がない人は筋トレをして下さい。

① 身体がカッコ良くなる 

② 異性にモテる 

③ テストステロンというホルモンがあふれて気分上々 

④ 上司も取引先もいざとなれば力尽くで葬れると思うと得られる謎の全能感 

⑤ 恋人に裏切られてもバーベルがいるという安心感

以上の理由から自信がつきます。

 

すがすがしいです。私も筋トレ始めました。

 

お金に関するおすすめ本

投資バカの思考法 / 藤野英人

 「ひふみ投信」のファンドマネージャーとして著名な藤野英人さんが日々どのようなことを考え、仕事に向き合っているのかを知ることができます。

 

本書は、先の見えない未来に不安を抱え、身動きが取れない人のために、「何を見て、どう考え、どう決めるのか」を明かした本です。そのための7つの力をご紹介します。

①洞察力………主観を排除し、情報をフラットにとらえる力

②決断力………やらないことを捨てる力

③リスクマネジメント……変化を受け入れる力

④損切り………過去にとらわれず、今を評価する力

⑤時間…………時間を味方につける力

⑥増やす力……経済とお金の本質を知る力

⑦選択力………未来の希望を最大化する力  

この7つの力は、投資の世界だけではなく、「仕事」や「人間関係」など人生のあらゆる局面で必要とされる力です。

 

株式投資への考え方としても非常に参考になりますが、そもそもの生き方や仕事への向き合い方についても感銘を受ける部分が多すぎ。

 

個人的に印象的だった言葉を一部抜粋

  • 最も優先させる判断軸は「好きか嫌いか」
  • 安易な折衷案はサボりと同じ
  • リスクを最小化させるのは、好奇心の多さである

 

おすすめ。

 

お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか? / 坂下仁

 

お金について無知であることがどんなに恐ろしいことなのか知ることができます。

 

赤裸々に銀行の裏側を語ってくれていて、どのようにして私たちが資産を「保全」していかなければならないのかが書かれています。

 

本タイトルにもなっていますが、定年までに3000万円貯める具体的な方法もちゃんと書かれています。

 

20代のいま、やっておくべきお金のこと / 中村芳子

ファイナンシャルプランナー の中村芳子さんの代表作。

 

 私は大学生時代にこの本を読んで車は持たない選択をし、ネット銀行を開設し、株式投資を始めました。

 

お金のことについて考え始める人向けに分かりやす書かれていて、お金の入門書としておすすめです。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! / 山崎元

お金の増やし方について、山崎元さんが指南してくれる本です。

 

内容はお金の増やし方から老後資産、家を買うべきか借りるべきか、保険、NISAまで。今まで銀行預金しかしてこなかった人が資産運用を考える際に指標となる本です。

 

コミカルな会話で最後まであっという間に読めてしまいます。図解本まで出ている人気本で、さらに理解しやすくなっちゃいました。

 

ブログに関するおすすめ本

武器としての書く技術 / イケダハヤト

 プロブロガーのイケダハヤトさんが、自身のブログを書くノウハウを余すことなく大容量放出したような本です。

 

書き方の技術的な部分も非常に参考になるのですが、それだけではなく考え方や覚悟の部分も書かれています。ブログで収益を得ようとしている人は必読の書です。

 

参考記事はこちら

yukkushi-ippo.hatenablog.jp

 

キャッチコピー力の基本 / 川上徹也

 ブログのテーマにインパクトを持たせるために参考となる本です。

 

ブログテーマでどれだけ人を惹きつけるかでアクセス数は大きく変わってくるため、私も参考にしています。

 

参考記事はこちら

yukkushi-ippo.hatenablog.jp

 

10倍速く書ける 超スピード文章術 / 上阪徹

 

 ブログを書くために何時間もかかってしまう人におすすめの本がこちらです。

 

 

「1日300字」の超遅筆家だったという上阪徹さんを「1時間3000字」「5日で本1冊」書ける爆速ライターに変えた方法が公開されています。

 

私のようなサラリーマンブロガーは、ブログを書く時間が限られているので、書くスピードを上げることは必須の命題なので一度読むことをおすすめします。

 

子育てに関するおすすめ本

「学力」の経済学 / 中室牧子

 

子どもの教育について、きちんとしたエビデンスを以て解説してくれる本です。今まで一般的に語られていた教育論が当たり前だと思っていた方は衝撃を受けることは間違いなしです。

 

 

私はこの本を読んでから、子どもがインプットをしたことに対して褒めるように意識しています。

 

本書はあまりにも衝撃的だったため、その後反論本まででいます。